もやしの日持ちや保存方法を知って、腐るのを防ぐには?

こんにちは。アラサーayuが今日も皆様に役立つ情報を提供します(^^)

今日は、もやしについて、腐るとどうなるのか?日持ちや保存方法についての情報を提供していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

もやしは、腐るとどうなるの?

もやしは、スーパーでも非常に安く手に入るため家庭の味方ですよね!

某ド○キホーテで10円以下で売っていたのを見たことがあるくらい安い時もあり驚きです。

さて、そんなもやしが腐るとどうなるのか??

  • 水が出てくる。(茶色や白い水がでる。透明の水は大丈夫)
  • 芽の部分が茶色や黒くなる。
  • ヌルヌルになり、どろどろに溶けていく。
  • ツーンとした、酸っぱい匂いがするようになる。

ここにあげたような状態になると確実にアウトです!

食べたらトイレに籠るような事態もありえますよね・・・

 

もやしは日持ちがよくない食べ物です。(後ほど詳細をお伝えします)

もやしの見た目で判断

まずは、もやしの見た目で判断していきます!(私は鼻があまり良くないので、少々の匂いは感知しにくいため・・・まず見た目から判断しています。笑)

 

袋の中に水が溜まっていないかをチェックします。

新鮮なもやしは、芽が黄色で茎の部分がシャキッとしています。

そのため、腐る方向にむかっているもやしは、茎の部分がヘタってヌルヌルになってきます。

そして、芽の部分は黒いような茶色いような色になります。

→もやしの場合、芽が茶色や茎がヌルヌルはもう腐っていますので食べない方が良いです。

 

もやしの匂いで判断

そしてそして!必ず匂いチェックをしましょう!

世の中の人々はきっと感知できるあのツーンと臭がすると要注意です!!

でも、少々の匂いなら水で洗い流したり火を通すと匂いがなくなることもあるので試すのもありですね!

水で洗い流してから、沸騰させたお湯に酢を少量入れて一緒に茹でる

匂いがなくなり見た目もよくなるので体調が悪くない方や、お腹をあまり壊すことがないような方は試しても良いかもしれません。

 

そもそも、もやしを購入する時に注意する点もあるなー・・・と思って下記にまとめましたので、参考にしていだけると幸いです。

もやしの選び方

  • もやしの茎の部分が白くてシャキッとしている
  • 茎が太い
  • 芽の部分の色が変わっていない黄色に近い色

 

もやしの、保存方法は何がオススメ?

もやしの保存方法は、冷蔵・冷凍のどちらかが良いです。

もやしは傷みやすいので、常温保存はすぐに傷むため、、常温保存はオススメしません。夏場は特に購入後はすぐに冷蔵庫へ直したほうがよいです。冬場でも常温保存はNGですよ。

冷蔵保存と冷凍保存について詳しく説明していきますね!

庫での保存方法

  • 保存容器にもやしを入れて冷蔵庫で保存するとシャキシャキが保てます!

プラスチックやガラスの透明容器にもやしを入れて、

もやし全体がひたるくらいに水を入れ、フタをして冷蔵庫で保管しましょう。

ただし、2日に一度は容器の水を入れ替えて保存するのがベターです。

※水に浸して冷蔵庫で保管すると、ビタミンCなどの栄養が水に流れ出てしまいます。

  • 茹でてから冷蔵庫で保存する

さっと湯に通してから、クッキングペーパーなどでしっかりと水を切りジッパー付きの保存袋やタッパーに入れて密閉して冷蔵庫で保存する。

※お酢を少量入れたお湯に通すと、より日持ちします。

すぐに使わないのならば、冷凍で保存されることをオススメします☆

スポンサーリンク

 

庫での保存方法

  • 購入した時の袋のまま、未開封での冷凍保存

  1. 購入した袋に数か所穴を開ける
  2. できれば平な状態にして冷凍をしてください。※急速冷凍がオススメです。

 

  • 開封した場合
  1. 水洗いをする
  2. クッキングペーパーなどで、しっかり水を切る
  3. ジッパー付きの保存袋などに入れる
  4. しっかり空気を抜いて冷凍保存

 

  • 面倒でなければ、加熱してから冷凍保存することをオススメします。
  1. しっかりと沸騰したお湯にさっともやしを通してください(見た目がシャキッとしたままで、お湯から上げるのが良いです)※レンジで加熱or炒めてもOKです。
  2. しっかり水を切って冷ます
  3. 小分けに保存容器に入れる ※次回使用する時に使いやすくて良いですよ。
  4. 金属トレーに入れる ※なければよいが、金属トレーがあると急速冷凍できるため
  5. 冷凍庫へ保管する

金属トレーで急速冷凍したほうが日持ちしますよ

解凍後のもやしはレンチンで解凍しなくても、そのまま火を通せばシャキッとしますので、

炒め物やスープに入れるなど少しだけ、もやしを使いたい時などにも便利ですね!

 

もやしの、日持ちはどれくらい?

もやしは、非常にデリケートな食べ物なので日持ちが良くないです・・・もやしは発芽中の新芽なので、成長中だそうです。そのため、細胞分裂が活発なので衝撃や温度変化や菌からの攻撃にすごく弱いそうです。

 

■購入時の袋に入れて冷蔵庫にて保存

冷蔵庫に入れて、2日以内に食べきるのが良いでしょう。

■容器に入れ替え、水に浸して冷蔵庫にて保管

2日に一回は水を入れ替えて、1週間ほどは保管できますが栄養が水へ流れでるため早めの使用をオススメします。

■加熱して水を切り保存容器に入れ、冷蔵庫にて保管

1週間は保存可能です。

■冷凍庫にて保管

きちんと冷凍保存できれば、2週間〜1ヶ月程度保管することが可能です

 

まとめ

もやしが、腐った時の見分け方や保存方法、日持ちについてご説明しました。

  • もやしが腐ると異臭やヌルヌルしてくる
  • もやしは傷みやすいので常温保存はNG
  • 冷凍保存が2週間もつので良いがシャキシャキ感はなくなる

以上、もやしの特性を生かして保存してくださいね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしておりますね。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です